目立つ毛穴をどうにかしたい人へ

お風呂で簡単スキンケア

お肌の保湿が十分でないせいで、毛穴が開いて目立つようになることがあります。保湿力が低下し、カサカサの皮膚は外部の刺激を受けやすくなります。油分の分泌量が増えるのは、ガード機能を上げようとするからです。毛穴に入り込んだ油分の汚れを十分に除去できないでいると、油分が酸化して黒っぽくなり、黒いぼつぼつになるわけです。皮膚の油分が過剰に分泌されないようにするには、水分の蒸発を防ぐ必要がありますが、化粧水をどれほどたっぷりつけても水は失われていきがちです。毛穴の奥の層まで保湿成分が浸透するように、基礎化粧品できちんとスキンケアをすることがポイントです。基礎化粧品は肌の奥深くに届いてこそ真価を発揮するものなので、まずはお風呂で洗顔をします。皮膚にこびりついた汚れや、毛穴の奥にまで入ってしまった汚れを取り除くために、お風呂のぬるま湯で毛穴を開かせます。蒸気が籠もり、室温も高い風呂場は、お肌にとって非常にいい環境です。できれば風呂場で基礎化粧品をつけて、毛穴が開いている状態で美容成分や、保湿成分を皮膚が吸収してくれるように促しましょう。まずお風呂場の中で美容液や化粧水を使ったケアをして、クリームや乳液は蒸気でふやける可能性があるので、風呂場の外で使います。油分を含むクリームで顔全体を包むことで、化粧水の水分が蒸発しないようにします。風呂から上がったら、皮膚が乾く前にスキンケアを済ませて、開いた毛穴から水分が出ていかないようにします。お風呂で実践できる簡単な方法で、乾燥知らずの毛穴ケアが実現できます。